薬剤部

CIMG9030.jpgのサムネール画像皆さんはご自身が飲れている「くすり」を存知です

か?「くり」は適切に使って初めて有効で安全なもの

になり、そのお伝いをさせて頂くのが薬剤師です。当

は、オーダーリンステム導入による医師の処

方箋に基づいたお薬を調剤し、かつ適切にお薬を

届けするよう心がけています。また、ベッドイドで

お薬の説明問へお答えしたり、チーム医療CIMG8985.jpgのサムネール画像 

てカンファレンス加したりしています。私た

ちは患者が安心して入院生活が送るようサポー

トさせて頂きたいと思っています。

 

 

  ▲top

放射線科

housya1.JPG放射線科ではCT・MRI等の高度画像診断機器をはじ

め、胸部全身の骨を撮影する一般撮影装置、バリウ

ムで胃や大腸を検査する透視装置、骨密度測定装置

等で全身にわたるX線検査を行なっています。2006年4

月には当院の放射線科にPACSが導入されフィルム

ス運用となりました。これによりオーダーリングシステ

ムと連動し円滑な画像診断を提供できるようhousya2.JPGになり、

さらに産業廃棄物であるレントゲンフィルム削減、患

様のフィルム負担額の削減に繋りました。私達4

名のスタッフ は患者様に安心して検査を受けいただ

けるよう機器の安全管理に努め、診断値の画像

を提供できるよう知識と技術の習得に努力しています。

た、時間外の急患は放射線技師ンコール体制で

対応します。これからも思いやりを持って患者様に接す

ることができるよう業務を実践し、少しでも地域医療に

できればと思います。

 ▲top

 

検査科

主な業務内容

検体検査(患者様より採取された検体を分析します)

kensa1.JPG ・血液、凝固検査

・生化学、免疫血清検査

・一般(尿、便など)、細胞診検査

・輸血検査

 

 

生理機能検査(患者様と直に接して検査を行ないます)

kensa11.jpg・循環機能検査:心電図 ・ホルター心電図

・心臓超音波 等

・呼吸機能検査:肺活量 等

・神経機能検査:脳波・神経伝導速度 等

・睡眠時無呼吸検査 等

 

臨床検査部は病気の発見・診断・治療等の指針とkensa3.JPG

なる患者様”正確なデータ・情報”を迅速に診療

側に提供すべく、検査部の下5名の検査技師が

業務を行なっいます。検体検査はそこにある検体

ではなくその先に患者様がいることを忘れないよう

、生理検査は納得して検査を受けていただく為

丁寧な説明と笑顔・思いやりの心を忘れないように、患者様から安心して検査をまかせていただ

ける検査室であるよう日々努力しています。

 

 ▲top

中材・手術室

  ope1.JPG                          
 自分が”手術”を受ける立場になった時、「手術がうまくいくだろうか」「麻酔から覚めないのでは・・・」など大変不安になると思います。私たちは、手術を受ける方の気持ちを考え、手術前の面談を必ず行い、患者様のお話を聴いた上で、手術中の看護計画を立て確認していただいております。 
 
 
 

 

ope2.JPG                           

手術中は少しでも不安が和らぐように好みの音楽を流しています。手術や麻酔に関する疑問・不安・要望などを何でも気兼ねなくお聞きください。少しでも不安や疑問を軽減出来たら、幸いです。                                                                     また、中材(中央材料室)の業務も兼務しております。

 ope3.JPG

中材とは、処置や手術で使用される器械などをきれいに洗って消毒・滅菌したり、物品を保管する部署です 感染が起こらないよう、滅菌がきちんと行われているかのチェック(テスト)を行い、安全な物品を供給するよう努めています。

 
 
 
 ▲top
 
 
 

総務課

 

総務課では、病院事業に関する事務を担当しており、財務、人事、管理があります。

予算・決算、資金管理、選挙(不在者投票)、補助金の申請、施設の許認可といった財務管理、

職員の人事・給与・衛生管理・福利厚生、公務災害、公印の管主といった人事管理、防災・危険

物取り締まり、通信設備管理、医療ガス、ボイラー設備、機械器具の修繕、駐車場の保全管理と

いった管理等が主な仕事になります。

直接患者様と接する機会は少ないのですが、常に患者様に適切な医療サービスを提供するため

病院内の環境整備を行っています。

また職員にとっても、仕事と家庭を両立し、働きやすい職場環境作りを進めています。

 

 

 ▲top

医事課

iji.jpg患者様に気持ちよく診察を受けて頂くお手伝い」が私ども

割と心がけております。最近多様化する保険制度、複

な医療費の事など、不安を少しでも取り除いて治療に専

して頂たら幸いです。また、医事課の中には患者様の

切な診療情報を記録した診療記録(カルテ)を整理し保

 

管する、診療情報管理室が設置されております。iji02.JPGのサムネール画像

    当院のことで何かわからない事があれば、遠慮なく1階

受付窓口に声をかけて下さい。「患者さまに受け入れら

れる笑顔づくり」を目標に、皆心を一つにして励んでおりま

す。

  

 

 ▲top

栄養管理科

kyushoku1.JPG

診療部門に属し、理念は「家庭的な温かみのある食事

の提供と、適切な栄養管理による、効果的な食事療養

を目指します」を掲げています。特に栄養管理において

は、入院時栄養スクリーニングや個人の嗜好・禁止食

品等の情報を基に、栄養管理計画書を作成して、各種

評価・判定をし、患者様の嗜好の相談や栄養指へと

繋げています。またNSTを立ち上げ、他職種共同で栄

養管理に携わっているところです。

 

 ▲top

  

地域連携室

地域の皆様のお役に立つ、より親しまれる病院になるために、主に次の事を行います。

1.地域の皆様の健康な暮らしづくりのお手伝い、広報誌「かりん」の発行、「いきいき健康セミ

ナー」、その他講演会の開催などを通じて、地域の皆様の健康なくらしづくりに役立つ情報を

お届けします。当院に対するご意見・ご要望がありましたら、どうぞお気軽にお申し付けくださ

い。

2.地域の医療機関とのネットワークづくりを進め、皆様が安心して暮らすころができる環境を

整備していきたいと考えております。

村上華林堂病院は、

 ●地域の先生方に入院施設や検査機器類を開放している「開放型病院」です。(地域の先

生が当院におこしいただき当院医師と共同で医療することができます。)

 ●24時間体制で医療スタッフが待機する「救急告示病院」です。

皆様が日頃っかかられている先生と当院との間で、あらかじめ病状に関する情報を共有して

おけば、休日・夜間など、かかりつけの先生の不在時に突然お体の具合が悪くなられた場合

でも、当院で適切な治療を受けていただくことができます。

  

医療相談室

当院の患者さんやご家族等が、安心してよりよい医療と適切なサービスを受けられるように、

て快適な生活が送ることができるように援助していくのが医療ソーシャルワーカー(MS

W)つとめです。

 

・退院後のことでお困りの方msw1.JPG

・介護のことでお困りの方

・障害についてお悩みの方

・入院中いろいろな不安や悩みをお持ちの方

・福祉サービス利用希望の方

・誰かに聞いて欲しいことがおありの方
 

 

 ▲top