福岡市西区の医療・介護を地域と共に支える村上華林堂病院 │ 内科 眼科 整形外科 緩和ケア

薬剤科

薬剤科

yakuzai2017

皆さんはご自身が飲まれている「くすり」のこと、ご存知ですか?
「くすり」は”両刃の剣”と言うように効果と副作用を持ち合わせているものですが、上手に使えば治療や健康のサポーターとなります。そのお手伝いをさせていただくのが私たち薬剤師です。
主には入院患者さんの対応が業務の中心となります。入院患者さんが持参された薬を薬剤師が確認し、患者さんのさまざまな状況を把握することで今後の治療計画を医師・看護師と情報共有します。これを基に医師がオーダリングシステムにて処方箋を発行し、薬剤師が内容を確認しながら調剤して患者さんの元にお薬を届けています。また、その薬についてベッドサイドでの説明や質問にお答えしたり、退院時には自宅管理の支援なども行います。定期的に開催している糖尿病教室で外来・入院の患者さんとお薬について一緒に学ぶ機会もあります。
その他、職員向けの薬についての勉強会を開催したり、薬剤師も院外の勉強会に積極的に参加し知識の向上に努めています。
「くすり」は数えきれないほど多くの種類があり、日々医療は進歩していますが、少しでも患者さんの力になれるように、医療の担い手として患者さんに貢献できるように努力することが私たちの役目です。
薬局は管理棟の2階にありますので、患者さんと直接ふれあうことは少ないとは思いますが、分からないことがあれば遠慮なく薬剤師にお尋ねください。

kemo1

平成27年2月には安全キャビネットを導入し、薬剤師が抗がん剤の調製業務にあたっています。

認定資格 取得人数
認定実務実習指導薬剤師 1名
福岡糖尿病療養指導士 3名
PAGETOP
Copyright © 村上華林堂病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.