福岡市西区の医療・介護を地域と共に支える村上華林堂病院 │ 内科 眼科 整形外科 緩和ケア

臨床工学科

臨床工学科

臨床工学技士は医師の指示の下、生命維持管理装置を中心とした医療機器の操作及び保守管理を主な業務とする専門医療職種で、医療機器を通じてチーム医療に貢献しています。
当院の臨床工学科は2010年に発足され現在5名の臨床工学技士が在籍しています。
業務内容は、血液浄化業務・手術室業務・医療機器管理業務と幅広く行っており、職員対象に医療機器の説明会や医療安全研修も実施しています。
医療機器を通じて暖かい心のかよう医療を提供できるように、技術習得、知識向上に努めてまいります。

me2017

血液浄化業務

当院は、28台の人工透析装置を有しており多様な病態、ニーズに対応するため、HD(透析)をはじめ、オンラインHDF(血液透析ろ過)、CART(腹水ろ過濃縮再静注法)などを行っています。同一フロア内で個室治療が行えるため、急性期治療にも対応しています。
また、患者様のQOL改善のために、透析清浄化に力をいれており、当院の透析用水は透析液清浄化ガイドラインの基準を十分に満たしたものとなっています。
今年度よりInBody(体組成計)を導入しました。定期的に体成分分析をすることにより、水分管理や患者指導に役立てています。

手術室業務

MEOPEgyoumu

手術室では、麻酔器、生体監視モニター、顕微鏡、眼科手術機器、電気メスなど様々な医療機器を用いて手術が行われています。
手術が安全に行えるように、機器の保守点検や術野の介助などを行っています。

医療機器管理業務

人工呼吸器や輸血・シリンジポンプなどの保守管理をはじめ、院内ラウンドにより機器の稼働状況を把握しています。2016年3月には「Fluke Biomedical製 輸液ポンプテスタIDA-5」を導入しました。これは、点滴や静脈注射を行う際、体内への注入速度や量を正確に調整する輸液ポンプ、高濃度の薬液を微量かつ正確に投与するシリンジポンプ、それらの制度を点検する装置です。定期点検時にこの輸液ポンプテスタを利用し高精度点検が効率的にできるようになりました。また、専用ソフトウエアによりデータを蓄積し機器管理に活用しています。

輸液ポンプテスタ画像2
(1)取得資格・受講セミナー
取得資格・受講セミナー 取得人数
透析技術認定士 3名
呼吸療法認定士 1名
第2種ME技術者 4名
透析液安全管理セミナー 1名
テルモシリンジポンプ メンテナンス講習会 1名
テルモ輸液ポンプ メンテナンス講習会 2名
血液透析技術基礎セミナー 1名
(2)血液浄化療法部門
治療内容 2013年件数
リクセル 156件
OHDF 863件
HDF 66件
HF 2件
ECUM 24件
HD 4318件
(3)管理医療機器

・生体情報モニタ
・人工呼吸器
・多用途透析用監視装置
・輸液ポンプ
・シリンジポンプ
・低圧持続吸引器
・除細動器/AED
・経腸栄養ポンプ
・麻酔器