福岡市西区の医療・介護を地域と共に支える村上華林堂病院 │ 内科 眼科 整形外科 緩和ケア

手術室・中央材料室

手術室・中央材料室

自分が手術を受ける立場になった時、「手術がうまくいくだろうか」「麻酔から覚めないのでは・・・」など大変不安になると思います。私たち手術看護師は、『患者さんが安心して手術を受けられるよう安全第一に看護を行っていく』ことをモットーに日々頑張っております。手術前に必ず面談し患者さんのお話を聴いたうえで、手術中の看護計画を立て、計画内容においては、患者さんやご家族へ説明しご確認していただいております。手術室内では少しでも不安が和らぐよう、音楽を流していますので、お好みのCDをご持参いただいても結構です。手術や麻酔に関する疑問・不安・要望などなんでもお気軽にお尋ねください。

2017_opop2

当院では眼科手術が多く、平成28年度は1149例ありました。白内障手術は感染防止の観点から基本的に入院をお勧めしていますが、日帰り手術を希望される場合にはお応えしております。テレビでも聞くようになった加齢黄斑変性症に対する治療も行っています。
整形外科ではクリーンルームで人工関節置換術や大腿骨骨折手術、膝関節鏡手術を行っています。循環器科はペースメーカー植込み術、腎内科は透析のための内シャント手術が行っています。

ope2

□中央材料室□
手術室では中央材料室の業務も兼任しております。
中央材料室とは、処置や手術で使用される器械などをきれいに洗って消毒・滅菌したり、物品を保管する部署です。
感染が起こらないよう、滅菌がきちんと行われているかのチェック(テスト)を行い、安全な物品を供給するよう努めています。

PAGETOP
Copyright © 村上華林堂病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.