みなさんはRUN伴(ラントモ)をご存知でしょうか?
RUN伴(ラントモ)とは、認知症の人や家族、支援者、その地域にお住まいの方々が、リレーをしながら一つのタスキをつなぎゴールを目指すイベントです。目的は、認知症の人と共に誰もが暮らしやすい地域を創る、人にやさしい街を目指す地域をつなぎ、それを社会を変える大きな力にしていくことです。
当院は、壱岐公民館を出発し、壱岐東公民館や壱岐南公民館を経て木の葉モールまでの約4.5kmコース(にしオレンジロード)を、近隣の介護施設のみなさんや地域の方々とパレードしました。普段外に出ることが少ないご高齢の方も、スタッフに支えられたり、車いすに乗ったりしてしっかりゴールを目指します!道中は、患者さんやサービス付き高齢者向け住宅“かりん”の利用者さん、小学校野球部の生徒さんたち、保育園の園児のみなさんなどなど、本当に多くの方から力強い応援をいただき、参加者全員が笑顔になる時間を過ごしました。
RUN伴への参加は、地域の温かさやつながり改めて実感する機会となりました。当院は、これからも地域の一員として、認知症の方のみならず、誰もが暮らしやすい街づくりに貢献してまいります。
rantomo3
沿道ではみなさん手作りの旗を振って応援してくれました。
rantomo5
rantomo7