2月28日、当院院長の司城博志が福岡市立内浜中学校において、社会人講話を行いました。
incyokougi2
中学校における社会人講話の目的は、「中学生の今、何を努力すべきかを考え、生き方や将来を考える機会とする」というものです。当日は、将来医療職を志す1年生の生徒さんに向けて、医師に必要な資格や技能、働く事の意義・やりがい・苦労、中学生の間に学ぶべきこと、身に付けておくべきことなどをテーマに約1時間お話しさせて頂きました。
今回参加された生徒さん達が自身の将来に向けて真剣にメモを取りながら聞いている姿は、地域を支援する医療機関として、とても頼もしく、大変感銘を受けました。
incyoukougi1
地域の学生さん達との出会いは、私たち職員にとって喜びであり、また、改めて自分の職業を振り返るきっかけとなります。これからも、当院は、地域の学生さん達と積極的に関わって参ります。今回は、この様な機会をいただきありがとうございました。

・写真=キャリア教育出版