福岡市西区の医療・介護を地域と共に支える村上華林堂病院 │ 内科 眼科 整形外科 緩和ケア

診療科目

診療科の紹介

診療部の構成の基本的な考え方

地域における当院の役割は、高度先進医療機関や近隣の診療所、介護・福祉施設と連携し、地域の方々が生活圏内でその人らしく生活し続けていくことを入院設備のある病院として支援することです(地域包括ケアシステムを支える病院、すなわち在宅療養支援病院)。当院は、在宅療養支援病院として内科診療の充実と、リハビリテーション機能、在宅療養支援機能(訪問診療、訪問看護、訪問リハビリテーション、サービス付き高齢者向け住宅の整備)の充実に取り組んできました。当院が地域に提供する医療サービスには大きく二つの基本軸があります。一つの軸は、在宅療養支援病院として地域の方々を総合的にお世話する、総合診療機能。もう一つの軸は、地域のかかりつけ病院として、QOLを重視した質の高い診療を提供する専門診療機能です。主に前者の役割を担うのが総合診療部門、主に後者の役割を担うのが専門診療部門となります。

総合診療部門

複数の疾病を持つ高齢の患者さんが多い地域の中小病院(在宅療養支援病院)では、患者さんを総合的にバランスよく診療すること、在宅医療を提供すること、癌患者さんや高齢者の人間性を尊重した終末期医療・エンドオブライフケアを提供すること、地域包括ケアシステムの構築を支援し、医療と介護の連携を推進すること、などが重要な役割となります。これら役割を主体的に担うのが総合診療部門です。当院の総合診療部門は、総合診療科、在宅診療科、緩和ケア科から構成されていて、地域全体を総合的に世話し、地域包括ケアシステムの構築を支援します。

専門診療部門

地域のかかりつけ病院として、地域の方々の生活の質を重視した質の高い専門医療を提供することも在宅療養支援病院の大切な役割です。この役割を担うのが専門診療部門です。当院では、内科の各サブスペシャリティー領域や整形外科、眼科診療の充実を進めています。当院の専門診療科の常勤医師はそれぞれの専門領域で質の高い診療を行っています。大規模病院ではありませんが、当院は、多くの学会の関連施設、教育施設として認定されています。

総合診療部門と専門診療部門の協力体制

従来、多くの病院で診療部は各専門診療科が並列に並ぶ構成で捉えられていました。 allraund1 複数の疾患と複雑な背景を抱えた高齢者を地域内で総合的に支えるには、総合診療部門と専門診療部門がバランス良く連携、協力する診療体制が重要です。当院では、従来の並列的な診療部構成ではなく、総合診療部門が中心にあり、領域別専門診療各科と相互に連携・補完する診療部体制を目指しています。この体制では、より専門性の高い診療は領域別の専門医が主に行います。それほど高い専門性を求められない診療や複数の疾病を総合的にバランスよく管理する必要がある患者さん、在宅医療、緩和ケア(エンド・オブ・ライフケア)などは主に総合診療部門が担当し、専門診療部門と総合診療部門は柔軟に補完・連携してゆきます。 allraund2015

PAGETOP
Copyright © 村上華林堂病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.