福岡市西区の医療・介護を地域と共に支える村上華林堂病院 │ 内科 眼科 整形外科 緩和ケア

診療科目

診療科の紹介

診療部の構成

当院は、①在宅療養支援病院としての機能充実、②地域のかかりつけ病院としての専門診療機能の充実、の二つの基本軸で診療部の整備を進めています。主に①の役割を担うのが総合診療部門、主に②の役割を担うのが専門診療部門となります。

総合診療部門

複数の疾病を持つ高齢の患者さんが多い地域の中小病院では、患者さんを総合的にバランスよく診療すること、在宅医療を提供すること、高齢者の人間性を尊重した終末期医療を提供することが重要な役割となります。当院の総合診療部門は、総合診療科、在宅診療科、緩和ケア科から構成されていて、地域全体を総合的に世話し、地域包括家システムの構築を支援します。

専門診療部門

内科の各サブスペシャリティー領域や整形外科、眼科領域の専門診療を提供することで、「地域のかかりつけ病院」としての病院機能を充実させる役割を持っています。地域のかかりつけ病院として、内科の各サブスペシャリティー領域の診療の充実を進めています。当院の専門診療科の常勤医師はそれぞれの専門領域で質の高い診療を行っています。大規模病院ではありませんが、当院は、多くの学会の関連施設、教育施設として認定されています。

総合診療部門と専門診療部門の協力体制

従来、多くの病院で診療部は各診療部門が並列的な構成で捉えられてきました。 allraund1 複数の疾患と複雑な背景を抱えた高齢者を地域内で総合的に支えるには、総合診療部門と専門診療部門がバランス良く連携、協力する診療体制が重要です。これからは、従来の並列的な診療部構成ではなく、総合診療部門が中にあって、専門診療部門と相互に連携・補完する診療体制を目指してゆきます。この体制では、より専門性の高い診療は領域別の専門医が主に行い、それほど高い専門性を求められない診療、複数の診療科が重なる患者、在宅診療、緩和ケアなどは主に総合診療部門が担当し、お互いに柔軟に補完し合うことになります。 allraund2015

PAGETOP
Copyright © 村上華林堂病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.