福岡市西区の医療・介護を地域と共に支える村上華林堂病院 │ 内科 眼科 整形外科 緩和ケア

呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器内科では、肺由来疾病について呼吸器の自覚症のある患者さんを専門的に診療しています。さらに睡眠時無呼吸症候群については月、火、水の午前中に診療を行っております。

診療方針:方向性と展望

  1. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は気管支喘息と同様に、これまでは慢性化する症例に対してその症状を取るだけの対処療法でしたが、若年発症もあり、禁煙対策や予防医学も必要となります。来院されたら胸部レントゲン、胸部CTまた呼吸機能検査、動脈血ガス分析を行い、薬物療法はもちろん、呼吸器リハビリテーションも視野に入れ、日常生活活動の向上に向けて、教育も含め包括的な治療を進めていきたいと考えます。
  2. 肺がんも診断に踏み込んだ診療を行います。治療は実績のある、がんセンターや大学病院をはじめ、全国レベルでデータの蓄積がある施設に最新の治療をお勧めします。しかし上記施設は入院期間が限られていたり、リハビリが必要である症例や、終末治療を望まれる場合、当施設で引き続きの治療や緩和ケアの治療にも協力していきたいと思います。
  3. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)は診断、外来にてはアプノモニター、更に確定診断、治療に関する場合は、夜間のみ泊まってもらい終夜睡眠ポリソムノグラフ(PSG検査)を行っています。この症候群は肥満、種々の神経疾患や高血圧症、狭心症、糖尿病などいろんな疾患との関連もあり、当院の特徴である関連各科が多岐にわたってあり、十分連携しながら対応していきます。

kokyuki2017

PAGETOP
Copyright © 村上華林堂病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.