福岡市西区の医療・介護を地域と共に支える村上華林堂病院 │ 内科 眼科 整形外科 緩和ケア

当院でできる検査

このような検査ができます

内視鏡検査

内視鏡検査は、先端に小型カメラが付いている細長い管状の医療機器を、胃カメラは口または鼻から、大腸カメラは肛門から挿入し、内部を映し出すモニター画面を見ながら検査をします。細胞の採取や小さな腫瘍を切除することもできます。

画像診断

X線一般撮影装置

主な部位:肺、腹部、骨
検診などでおなじみの胸部X線写真の撮影装置です。その他、腹部や全身の骨の撮影を行います。

X線透視装置

主な部位:胃、小腸、大腸
主にバリウムを飲んで胃や小腸などの消化管の検査を行う装置です。
写真を撮るだけではなく腸の動きなども観察できます。
その他、透視下でファイバーやエコーを使った検査も行われています。

CT装置

主な部位:頭部(脳出血)、眼窩、胸部、骨の精密検査

X線を用いて体を輪切りにした断面の撮影を行います。
マルチスライスCTのため細かい部位まで見ることができ、短時間での撮影が行えます。
さらに詳しい診断を行うために造影剤という薬剤を使い臓器や血管に明暗をつけて撮影を行うこともあります。
撮影した画像を処理して立体的な画像も撮影可能です。

MRI装置

主な部位:頭部(脳梗塞)、頭頚部、眼窩、脊髄、四肢の関節(肩、膝etc)

強い磁場とラジオ波を用いCTとは異なる画像情報を得ることが可能です。装置内は強い磁場のため入室に制限があり検査時間もCTに比べ長くかかりますが、X線を使わないため被爆の心配はありません。特に脳や脊髄、軟部組織(関節)の描出に優れ、あらゆる方向の断面が撮像できます。また造影剤を使わずに脳血管や頚部血管の描出が可能で、脳動脈瘤や血管の狭窄、脳梗塞の早期診断も行えます。

骨塩定量測定装置

主な部位:前腕
骨粗しょう症の診断を行います。前腕部を用いて骨のカルシウム量を計測し、若年成人や同年齢の平均値との比較を行います。

検体検査

血液、凝固検査

白血球・赤血球・血小板の数などを調べることにより、感染症や貧血や出血などが無いかどうかを調べます。また、凝固検査では、血が止まりにくい事がないかなどを検査出来ます。

生化学、免疫検査

血液中の糖質、蛋白質、脂質などを分析し、臓器の異常の有無や異常の程度を調べます。
検査の中では項目の多い分野です。また、免疫血清検査では免疫機能を調べることによって身体に侵入した細菌やウイルスを特定します。

一般検査

尿中に含まれる蛋白や糖や細胞などを分析し、腎臓や膀胱の異常の有無を調べます。また、便に血が混じって無いかを分析し、消化器などの異常の有無を調べます。

輸血関連検査

輸血が必要な方へ安全な輸血が出来るように、血液型検査や適合検査を行います。

生理検査

ポリソムノグラフィー(睡眠時無呼吸症候群検査)

脳波や心電図、胸部・腹部の働き、血液中の酸素量など、検査端子(電極)を体に取り付け、睡眠の状態を調べます。当院では1泊2日で検査を行っています。

心電図

手首・足首・胸部に電極をつけて、心臓から発する電気信号を記録します。心臓の異常(不整脈・心肥大・心筋梗塞など)を調べます。

24時間心電図

携帯型の心電図記録器を装着して、日常生活の中で心臓に異常(不整脈や狭心症など)がおきてないか、約24時間の心電図を記録する検査です。

トレッドミル運動負荷検査

mat_2200

心電計と血圧計をつけたまま動くベルトの上を歩いてもらい、運動中の心電図と血圧の変化を見る検査です。運動時におこる狭心症などを調べることができます。

超音波検査(心臓・頚動脈など)

kensa4

体の表面から、超音波(人の耳に聞こえない高周波)をあてて心臓の壁や弁の動きを調べたり、血管を観察して動脈硬化やプラークが無いかなどを調べます。超音波は人体に害がなく、痛みもありませんので、安心して検査が受けられます。

血圧脈波検査(CAVI)

血管年齢を測定し、動脈硬化の状態を測定します。平成27年4月には”血圧脈波検査装置VaSera VS-3000”を導入しました。この装置は血圧に影響を受けない血管固有の硬さ(CAVI値)を測定するため、動脈硬化の進行度を調べるのに有効です。

24時間血圧計

携帯型の血圧記録器を装着して、1時間に1回で約24回計測し、日常生活での血圧変動を調べます。

肺機能検査

マウスピースをくわえて吸ったり吐いたりしてもらい、肺活量や気管支の状態・肺の柔らかさなどを知る事ができ、肺気腫や喘息などの診断に役立ちます。

脳波

頭・耳・手に電極をつけて、脳が発するわずかな信号を記録し、脳の活動状況や、光・深呼吸に対する脳の反応を調べます。てんかんの疑いや麻痺、意識障害、行動異常、外傷などがある場合に検査します。

神経伝導速度

kensa5

手足に弱い電流をあてて、末梢神経の障害の有無を調べます。

PAGETOP
Copyright © 村上華林堂病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.